So-net無料ブログ作成
検索選択

松井稼、満塁弾 [雑記]

地区シリーズ2戦目で逆転満塁弾を含む3安打と松井稼が活躍してくれました。

ロッキーズ移籍は彼にとってもチームにとっても大正解でしたね。

メッツ時代はといえば、確かに年俸や前評判に見合う活躍ができなかったのは事実ですが、それでもファンから受けた仕打ちはひどいものでした。

全力で走らないとか、全力で打球を追わないとかいうプレーにブーイングするのはわかりますが、活躍できないとか嫌いとかいう理由で、打席に入る前からブーイングするってのは実に下品な感じがします。

たまに地上波メジャー中継をするのを見ると、必ずいっていいほど「アメリカのファンは野球を知っている」「アメリカ流の応援はすばらしい」みたいなことをいうアナウンサーがいますが、必ずしもそうとはいえない面もありますよね。何でアメリカの野球ファンにまで媚びる必要があるのかって感じです。

さて、こうしてメジャーで日本の選手が活躍してくれると、いやが上にも次回のWBCへの期待が高まってきます。

メジャー全員参加となればメジャーリーガーをずらりと並べた打線も可能ですね。こんな感じでしょうか。

1 松井稼

2 井口

3 イチロー

4 松井秀

5 城島

6 岩村

7 田口

これはあくまで現時点のメジャーリーガーを上位に並べたらって場合の話です。

1番イチローが理想ですが、やはり打線全体がイマイチ迫力不足なのも事実ですので、最も名の通る二人を並べた方がよかろうと。

まあでも、打線以上に相手チームに対して威圧感を与えられるのは、救援陣でしょう。

何せ、セットアッパーには左右に大塚、岡島がいて、クローザーは斉藤隆です。どの国がどんなメンバーを揃えても引けを取りません。

斎藤はタイトルこそ逃したものの、防御率、被打率、与四死球率、奪三振率を総合的に判断すると、現時点で世界最高のクローザーとすら言えそうです。

まあ実際の本番はまだ先。それまで斎藤に衰えが見えないことを願うばかりです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。